2017年1月アーカイブ

IMG_7306.JPG

今月の注目記事

○ ストップ!路上駐車・迷惑駐車
  最近T字路、四つ角、曲がり角の路上駐車が目立ち、とても危険です。
  事故にならぬよう、最寄りの駐車場を借りるか、適切な場所に駐車して、
  桜ニュータウンの安全にご協力ください。
○ 1月28日 来年度新班長の顔合わせ会
○ 倉庫整理 2月18日10:00〜
○ ゴミ集積場、段ボールは畳んで紐で縛って出す、燃やせないゴミは透明か半透明の袋で(保健衛生部)
○ 非常時に備え倉庫にペットボトルの水(500ml)288本備蓄しました。(自主防災)
○ 交流センターの4・5月分の施設予約受付2月1日(水)から

編集後記
2017年がスタートしました。各専門部では28年度の活動報告書と29年度の活動計画書の作成が進められています。
月日が経つのは本当に早いですね。今年も素晴らしい1年になりますように。


桜タイムス_2017年1月号.pdf

住民意見交換会20170121@.jpg

1月21日(土)の午前中に、交流センターに住民36名が集まり、意見交換会を開
催しました。

今回のテーマは、「災害時における住民同士での救護活動について」。前半は、茨城
防災士会の鈴木理事による基調講演が行われましたが、現場活動の経験が豊富な鈴木
氏の講演は判りやすくとても参考になるものでした。講演スライドと配布資料は下記
のリンクからご覧になれます。

20170121講演スライド縮小版.pdf

20170121配布資料.pdf

 後半は、テーマについて住民同士での意見交換を行いました。鈴木氏の講演で、建
物に挟まれた人を救出するには、発災後の5~10分間が肝心ということで、これま
で自主防で示してきた住民同士での救助の流れをよりスピーディーな形に見直すべき
ではという意見も出ました。一方、医療関係者からは、医師が現場に駆け付けたとし
ても設備の整っていない場所で医療行為を行うことは法的に難しいのではないかとい
う意見も出されましたが、防災士の方からは、止血などは誰にでもできるし、怪我し
た人が自分で薬を塗ることは問題ないというアドバイスもいただきました。また、建
物に挟まれた人を救助すると、逆に古くなった血液が体内に戻って危険だという話が
あるが、挟まれて5~10分程度ならその心配は少なく、火災の危険性なども考えれ
ば救助した方が良いだろうというアドバイスもいただきました。


しば楽会.png

 全国老人クラブ(SC)連合会では、各都道府県の組織を挙げて「100万人会員増強運動」を推進中で、つくば市に於いても県SC連合会の要請のもとに運動を鋭意推進中です。つくば市では、現在6地区・133単位クラブの中で6578名のシルバー会員の皆様が、元気に活動されています。
私たちの桜NT「しば楽会」は、その中の「桜地区シルバークラブ連合会」に所属し、地区内の各種イベントや事業を通じて会員相互の交流を深めながら、仲間づくりの輪を広げようとしています。
 つくば市のH28.10.1現在の人口統計では、桜NTの高齢者数(65~103歳)は567名(男265、女302)で、総人口1,352名のなかでの高齢化率は42%にのぼり、県(26.6%)・全国(26%)をはるかに上回っています。
しかし、現在のしば楽会の会員数は54名(男性26名・女性28名)で、高齢者(567名)に占める会員の割合は、約10%と低い割合となっています。
 グラウンドゴルフ・卓球・麻雀・クロッケー・シルバーリハビリ体操・スクエアステップなどのサークル活動や公園の花壇づくり、季節に応じたリクリエーションなど会員の皆様には、年間を通じて楽しんで頂いています。皆さんと共に健康寿命を伸ばしながら、大いに親睦を深めたいと思っておりますので、是非、お試し見学にお越し頂きたく、お待ちしています。

(11月 活動報告)
 
* 11/28(月) 第3回シルバー大学(交通安全教室および太極拳の体験)
・・・桜老人福祉センター  9名参加

(H29/1月の体操教室の予定)

* 1/ 11(水)・18(水) いきいき体操(シルバーリハビリ体操)
                 ・・・PM1:30~3:00 交流C・ホール

* 1/20(金) スクエアステップ体操・・AM10:00~11:30 交流C・2階

(森崎)

Powerd by SMACON
Powerd by SMACON