自治会規約

桜ニュータウン自治会規約(2013年3月24日改正)

第1章   総   則
 (名称及び事務所)
第1条  本会は「桜ニュータウン自治会」と称し、事務所は会長宅に置く。
 (区域、区長及び会員)
第2条  本会は、桜ニュータウンに居住する世帯を単位として組織する。
第3条  本会は、区域内を北区、中央区、南区に区分けし、各区に班を設け、会員はいずれか
      の班に属する。また、各区には区内の班長より互選により区長を置く。
 (目的及び行事)
第4条  本会は、会員相互の親睦を図り、共同の福祉増進に寄与し、桜ニュータウンをより一
      層住みよい、やすらぎと豊かな環境の街にすることを目的とする。
第5条  本会は前条の目的を達成するために、次の事業を行う。
   1.会員の文化的教養及び生活向上に関すること。
   2.生活に必要な施設及びその維持改善に関すること。
   3.街路など周辺環境の整備に関すること。
   4.防災活動に関すること。
   5.その他、目的達成に必要な事項に関すること。

第2章   機   関
 (役   員)
第6条  本会に次の役員及び専門部を置き、各職務を行う。
   (役員)
   1.会  長      1名
   2.副会長      2名
   3.書  記      2名
   4.会  計      2名
   5.監 査      2名
   6.班  長     各班1名
   (専門部)
   1.文化体育部  部長1名  部員若干名
   2.保安部     部長1名  部員若干名
   3.保健衛生部  部長1名  部員若干名
   4.広報部     部長1名  部員若干名
   5.桜ニュータウン自主防災組織(以下「自主防災組織」という。)  役員は別途定める
   (特別役員)
   1.体育推進委員  各区1名 →計3名
第7条 役員の選出
   1.会長・副会長は、区長の互選により、書記・会計・監査・各専門部長は班長の互選により、それぞれ選出する。ただし、自主防災組織の役員は、班長を含む全会員の互選により選出する。班長は各班より輪番制により選出し、住民の意思を代表する。会長・副会長を選出した班は別に班長を選出する。
   2. 世帯の事情により班長の役割を果たせない場合は、班内で協議し配慮することができる。
第8条  本会役員の任期は一年とする。但し、再任を妨げない。尚、過去に一度、会長、副会長に選出された会員は、会長・副会長に選出されることに於いて、拒否権を行使できる。
第9条の1  役員は次の職務を行う。
 ① 会長は本会を代表し、会務を処理する。また総会及び役員会を招集し、議長をつとめ会議を運営する。
 ② 副会長は会長を補佐し、会長事故あるときは、その職務を代行する。
 ③ 書記は総会及び役員会の議事並びに、この会の重要事項を記録し、会の記録通信その他書類の保管にあたり、会長の指示に従ってこの会の庶務を行う。
 ④ 会計は金銭の出納を記録し、保管の任に当たる。
 ⑤ 監査は会計を監査する。
 ⑥ 班長は班の代表として必要な任に当たる。
第9条の2  専門部は次の職務を行う。
 文化体育部
      会員の文化的生活の向上、福祉及び体育の増進に関すること。
 保安部
      防火・防犯並びに防犯灯の維持管理に関すること。
 保健衛生部
      街路の浄化、保健衛生及びごみ収集場の整理整頓に関すること。
 広報部
      会員名簿の作成、桜タイムスの発行及びその他広報に関すること。
 自主防災組織
   ① 「自分の命は自分で守る」、「我々の街桜ニュータウンは住民みんなで守る」という防災に対する理念に基づき、住民による自主的な防災活動を行う。
   ② 自主防災組織を総括する防災長は、防災活動の実施にあたり、自治会会長からの委任を得て、その任務の指揮をとる。

第3章   総会及び役員会
 (会   議)
第10条  本会の会議は、総会及び役員会とし、定期総会は毎年一回、役員会は必要に応じて、それぞれ会長が招集する。但し、必要に応じ臨時総会を開くことができる。
第11条の1  定期総会は、会員の過半数の出席(委任状を含む)をもって成立し、会長が議長となり、議決は出席者の過半数をもって決する。但し、可否同数の時は議長の決するところによる。
第11条の2  議決の審議事項は次の通りとする。
 ① 今年度の事業報告及び決算
 ② 新年度の事業計画及び予算
 ③ 規約の改廃
 ④ 役員の承認
 ⑤ その他重要事項
第12条  役員会は第6条の役員、子ども会育成会会長、しば楽会会長、防犯サポーター代表、さくらおたすけ会会長及び納涼祭実行委員会委員長をもって構成し、議決は、定期総会の議決に相当するものとする。
                      第4章   会    計
第13条  本会の経費は、会費、寄付金及びその他の収入を以って充当する。
第14条  本会の会費は、年額4,000円(月額350円)と定め、4月、10月の二回に分けて徴収する。但し、役員会において必要と認めた場合は臨時会費を徴収する。
長期不在世帯は、第5条2の維持管理費(消防分担金、街灯代等)として、年額の半額を徴収する。
第15条  本会の会計年度は3月1日より、翌年の2月末日とする。

 (附   則)
本会の規約は、原則として総会に諮り変更することができる。
 ①  この規約は、昭和56年4月1日より施行する。
 ② 平成4年4月19日規約一部改正。
 ③ 平成9年3月30日規約一部改正。
 ④ 平成12年3月26日規約一部改正。
 ⑤ 平成15年3月23日規約一部改正。
 ⑥ 平成22年3月28日規約一部改正。
 ⑦ 平成23年3月27日規約一部改正。
 ⑧ 平成24年3月25日規約一部改正。
 ⑨ 平成25年3月24日規約一部改正。

自治会規約(2013年3月24日改正).pdf 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://tsukuba-ibk.com/admin/mt-tb.cgi/1412

コメントする